ダイエット中の間食について

ダイエットを行うと、どうしても甘いものが食べたくなったりしますよね。
しかし、お菓子やデザートなどはとてもカロリーが高いので太ってしまう原因となっています。

 

とはいえ甘いものを食べられないというストレスはダイエットにとって大敵と言えます。

 

私たちの脳は甘いものを食べると快楽物質が分泌されるのでストレス発散にはとても効果的なのです。

 

そのため間食対策については【甘いものを食べるのはOK】というふうにするのが成功するダイエットの秘訣だったりします。

 

またダイエット中に間食をしないという習慣を作ってしまうと、目標体重まで減らしたときに間食を始めてしまい、想像以上にリバウンドしやすい体になってしまっていることも問題として取り上げておきます。

 

間食をするときは工夫しよう

いくらストレス発散のためとはいえ、何も考えずに間食をしてしまうとダイエットがうまくいくはずはありません。
お菓子やスイーツなどはそれなりにカロリーが高いので注意しなくてはならないのは頭に置いておくようにしましょう。

 

半分だけ食べるという習慣

今まではお菓子を買ったら一個丸々食べていたとしましょう。
しかしダイエット中にお菓子をたくさん食べると太ってしまうので、半分ずつ食べるという習慣を身につけるようにしましょう。

 

お茶やコーヒーと一緒に食べるという習慣

間食行うときにはノンカロリーのお茶やコーヒーと一緒に食べるようにしましょう。
そうすることによって、比較的少量であっても十分満足することができます。
ときには甘いコーヒーや甘いお茶などを飲みたくなることもあるかもしれません。
そのようなときにはノンカロリーの砂糖を使用するなどの工夫をとるようにしましょう。

 

間食した分夕食を減らす

間食をすることによっていつもより多くカロリーを摂取した場合には、夕食の量をコントロールすることがダイエットを成功させるポイントとなります。
例えば、間食でいつもより100kcal多くカロリーを摂取したとすれば、夕食のご飯をしお椀半分程度減らしてみましょう。
このように間食で増えたカロリーをほかの部分で調整するようにするのは極めて効果的だと言えます。
そのほかにも運動を行うことで間食した分のカロリーを消費するというのも手段の一つです。

 

間食にフルーツを取り入れる

甘いものが食べたいと感じたらフルーツを食べるようにすると良いでしょう。
果物は糖質を多く含んでいるのでカロリーが高いと思われがちですが、食物繊維が豊富ですしビタミンやミネラルをたっぷりと含んでいるのでダイエット効果的であるとすらいえます。
お勧めなのはリンゴやオレンジなど比較的手に入れやすく食物繊維の量が多い果物です。