ダイエットの大敵【停滞期】

お腹の脂肪を落とすために、ダイエットを行い、順調に体重が減っていくと充実感や達成感があり楽しく感じるものです。

 

ダイエットを始めると最初のうちはとても順調に体脂肪を燃焼させることができます。
しかしある一定のラインを越えてからは、今まで通りダイエットを行っていてもなかなか体重が減らない、かえって体重が増えてきたというような事態が起こることがあります。

 

これがいわゆる【停滞期】とよばれるものです。

 

多くの女性がこの停滞期によってダイエットに苦戦しています。
これまではやったらやった分だけ体重が減っていっていたにもかかわらずなぜこのようなことが起るのでしょうか。

 

これからダイエットを始めようという方や、今まさにダイエット行っている人、実際に停滞期に入っている人は、しっかりと停滞期対策を行って満足のいくダイエットを行っていきましょう。

 

停滞期の原因

停滞期が起こる原因というのは【ホメオスタシス】によって引き起こされています。

 

「ホメオスタシスとは何?」
ホメオスタシスというのは体がその環境に適応することを言います。

 

人間の体というのはさまざまな環境に適応することができます。
例えば、寒い土地で生まれた人は寒さに強いですよね。

 

これはホメオスタシスによって体が外気温が低くても体の機能を正常に働かせることができるように適用したといえます。

 

そのほかにも遭難者が少しの食糧で数日間生き延びて、無事に救出されたというのもホメオスタシスの作用によって身体が飢餓に適用した例であると言えます。

 

実はこのホメオスタシス、ダイエットなどで極端な食事制限を行うと、少ないカロリーでしっかりと体の機能を働かせることができるようにするという作用をもっています。

 

1か月で体重のおよそ5パーセント以上の減量をすると、ホメオスタシスが強力に働き、停滞期を引き起こしやすくなるといわれています。

 

ダイエット中に停滞期が訪れるのはホメオスタシスが原因となっていることを覚えておきましょう。

 

ホメオスタシスの機能

ホメオスタシスが起こると具体的にどのような機能が起こるのでしょうか。

 

エネルギーの吸収率を上げる

私たちが食事の中から吸収することができるエネルギーというのは100パーセントではありません。
少なからずエネルギー吸収には無駄があります。
しかし、食事制限などによって摂取するカロリー量が減ってくると体が飢餓状態になりエネルギーの吸収率が大幅にアップするといわれています。
そのため、ダイエットを始めてからずっと500kcalのカロリーオフを実践してきたにもかかわらず、停滞期が起こるというふうな現象が起こります。

 

少ないエネルギーで運動できるようになる

食事制限などによって摂取できるエネルギー量が制限されてくると、ホメオスタシスの機能によってより効率よくエネルギーを消費することができるように体が順応していきます。
そうなると、今まで毎日1時間のウォーキングをしていたとすると、今までは約200kcal前後のカロリー消費ができていたにもかかわらず、ホメオスタシスの機能によって150kcalのエネルギー消費で済んでしまうようになることがあります。