くびれを作るためのダイエットバイブル

やせやすい体質を作ろう!

ダイエットを成功させるためには、【やせやすい体質を作ること】が最も近い道だと言えます。
やせやすい体質を作ってしまえば、効果的に体脂肪を消費することができますし、少しくらいカロリーオーバーしたとしても脂肪になりにくいというメリットがあります。

 

そこで「やせやすい体質って一体何?」という話になります。
やせやすい体質というのは【基礎代謝が高い】ことにあります。

 

特にお腹が太っている、お腹の脂肪が気になる、という人は内臓脂肪がたっぷりとついている可能性が高いので、基礎代謝を高めることによって比較的短期間ですっきりと減らすことが期待できます。

 

基礎代謝とは

基礎代謝というのは、私たちが生きていくうえで使われるエネルギーのことを言います。
そのため、基礎代謝量が高ければ高いほど「運動をしなくてもカロリーを消費できる」「横になっているだけでやせることができる」というわけです。

 

基礎代謝は以下のようなときに行われます。
・呼吸をする
・心臓を動かす
・体温を一定に保つ
・新しい細胞を生み出す
・脳や肝臓などの臓器の働き

 

これらはあくまでも一例にすぎず、実際にはもっとたくさんの要因があります。

 

基礎代謝は年齢とともに下がっていきます。
例えば、運動量が多く、新陳代謝が盛んな10代であれば、男性は1600kcal、女性は1300kcalものカロリーが必要となります。

 

この基礎代謝量は、1日に消費する総消費エネルギーの7割も占めているとされています。
もちろん、運動をする習慣のある人であればもっと割合が下がりますが、ほとんど運動をしない人であれば7割どころか、もっと多い割合となってきます。

 

食べても太らない人は基礎代謝が高い

食べても食べても太らない人、というのは少なからずいますよね。
逆に食べたら食べた分だけ脂肪になる、という人もいます。
そしてお腹の脂肪やダイエットなどの悩みを持っている人は後者であることが圧倒的に多いです。

 

ではどのような点が基礎代謝の高さに関係しているのでしょうか。
それは筋肉量の違いにあります。
身体は全体の4割ほどが筋肉によって構成されています。
筋肉は数ある体組織の中でも特にエネルギー消費が多く、筋肉が多ければ多いほど基礎代謝が高いといえます。

 

例えばアスリートの人たちを見てみると、太っている人というのはあまり見かけませんよね。
これは一般の人よりも運動量が多いという部分もありますが、何よりも筋肉量が多いために基礎代謝が高く、太りにくくやせやすい体質であることに要因があります。

 

基礎代謝が高ければリバウンドしない

ダイエットで怖いのはリバウンドです。
リバウンドをしてしまうと、以前以上に脂肪を落とすのが難しいと言われています。

 

ではどうしてリバウンドしてしまうのか、と言えば極端な食事制限などで筋肉量が低下してしまうために基礎代謝量が減って、少しの食事でしっかりと脂肪になってしまうからです。

 

ダイエットをしていると、なかなか体重が減らない【停滞期】に陥ってしまいます。
このときに、上手くいかないストレスなどからちょっとした暴飲暴食をしてしまうと一気に太ってしまった、という話をよく耳にします。

 

一度リバウンドをすると、次にダイエットをしたときになかなか体重が減らないのは、すでに基礎代謝が低くなってしまっているからだと考えることができます。

page top