くびれを作るためのダイエットバイブル

夜にたくさん食べるのは注意

忙しい現代人にとって、なかなか食事の時間を確保するのは難しい問題ですよね。
そのためどうしても夜にたくさん食べてしまう食生活ができやすい傾向にあります。

 

しかしこの夜にたくさん食べるというのはとても太りやすい(脂肪をたくわえやすい)食べ方なのです。

 

というのも夜はご飯を食べた後、眠るだけあるいはゆっくりするだけですよね。

 

寝ている間やゆっくりしている間というのは当然エネルギー消費量が少ないです。

 

つまり夕食から摂取したエネルギーは使われることなくそのまま脂肪へと転換されてしまうので、ぽっこりお腹の原因となります。

 

さらに夜はこってりとした食事になりがち、というのも問題です。
1日の食事の内容を振り返って考えてみてください。
夕食が一番こってりしているという人は少なくないのではないでしょうか。

 

また、夕食にお酒を飲むというのもやはりぽっこりお腹の原因になっています。

 

昼と夜だけ食べる、というのもNG

朝起きてすぐにご飯を食べる気がしない、ということで朝食を抜いてしまう人は少なくないですよね。
ところが朝食を抜いて、昼食と夕食だけ食べる、という食生活はとても太りやすい食生活であると言えます。

 

朝起きた状態というのは血中にエネルギーがない状態であると言えます。
寝ている間はご飯を食べないので血中にエネルギーがないというわけです。

 

そのため昼食までの午前中というのは脂肪を燃焼させることによってエネルギーを補っています。
それだけ聞くと「ダイエットによさそう」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし体としてはできるだけ脂肪をたくわえておきたいという本能的なメカニズムが働くので、体に脂肪がつきやすいものになってしまいます。

 

ですのでこれを回避するためには朝食をきちんと食べることが重要となります。

 

ちなみに朝食を抜いて昼食、夕食を食べる生活というのは力士(お相撲さん)が体重を増やすために行っている食事方法となります。

 

理想的な食事の量

それではダイエットのために理想的な食事の量はどのようなものになるのでしょうか。

 

基本は【朝たくさん、夜少し】というスタイルになります。

 

朝にできるだけたくさん食べることで、1日分のエネルギーをしっかりと補給することができます。
また朝食を食べることで内臓の働きをスタートさせる合図となります。

 

昼食に関してはいつも通り食べてもOKです。
ですがダイエットのことを考えるとできるだけヘルシーな、野菜を多めにした食事を心がけたいところですね。

 

夕食はエネルギーがそのまま脂肪に変わりやすいので、少なめに心がけましょう。
よく【腹8分目】という言葉を耳にしますが、これを実践することが重要だと言えます。

 

夕食を少なめにすることはダイエットの面からも重要だと言えますが、健康のことを考えても大切です。
例えば夕食をとった後にすぐに寝てしまうと、胃腸の動きが止まってしまい、胃の中で食事が腐敗してしまって有害ガスが発生したり、活性酸素が増えて体の老化を進めてしまう原因になります。

 

ダイエットにも健康にも【朝たくさん、夜少し】は大事なことです。

page top