くびれを作るためのダイエットバイブル

お腹の脂肪には野菜が効果的

ダイエットで良く言われるのが「野菜をたくさん食べる」ということです。
そして、それは間違い無くダイエットに有効だと言えます。

 

まず、野菜にはミネラル、ビタミンがたくさん含まれています。
これらをしっかりと摂取することができれば、美容効果や健康効果を得ることが出来ます。
ミネラルやビタミンは、細胞の生まれ変わりをサポートしたり、内臓の機能を高めることができるので、基礎代謝の向上を期待することができます。

 

そして何といっても野菜には食物繊維がたっぷりと含まれている点がダイエットに効果的だといわれるゆえんです。

 

食物繊維が脂肪に効く

食物繊維というのは、私たちの身体では消化・吸収を行うことが出来ない成分のことを言います。
直接身体の栄養となるわけでは無いのですが、身体にとっては必要なので【第6の栄養素】とまで言われています。

 

食物繊維を摂取することによって、便秘解消効果を得たり、腸の動きを活性化することができます。
そのため、身体に溜まった老廃物をきちんと排泄してクリーンな状態を作り上げます。

 

老廃物が身体に溜まっていると新陳代謝が落ちてしまうので、いわゆる太りやすい状態にあるのですが、便秘解消などで便秘解消を行うと新陳代謝がアップして脂肪をより燃焼させやすくなります。

 

食物繊維はノーカロリー

先述したとおり、食物繊維自体は消化・吸収をすることが出来ないのでカロリーが一切無いと言えます。
そのため、食物繊維を多く含んでいる野菜や海藻などは非常にローカロリー。
その上、食物繊維によって十分な満腹感を得ることができるのでダイエットにうってつけの食材だといえます。

 

ダイエットは空腹との戦いだ、と良く言われていますが、ローカロリーな野菜ならお腹一杯食べてもカロリー数はたいしたことはありません。

 

ダイエット中でもしっかりと食べたい!という方は野菜をメインにした食事構成にしましょう。

 

食物繊維で脂質の吸収を抑える

脂っぽい食べ物を食べるときには野菜などの食物繊維をたくさん含んでいる食材をあわせるようにしましょう。

 

食物繊維を摂取すると、脂質の吸収を緩やかにすることができます。

 

脂質は5大栄養素の中で最もカロリーが高く、1gあたり9kcalものカロリー量を持っています。
そのため、脂質の多い料理ばかり食べていると簡単にカロリーオーバーを引き起こしてお腹に脂肪がついてしまう原因に。

 

せっかく美味しくご飯を食べるなら、食物繊維を組み合わせることで余分な脂が身体につくのを防ぐことができます。

 

食物繊維が豊富な食べ物

食物繊維を豊富に含んでいる食材は、基本的に野菜類や海藻類、きのこ類になります。

 

そのため、食事の量を少しだけ減らして、代わりに海藻サラダを取り入れたり、野菜スープを加えるなどの工夫をするとダイエットを効果的に行うことができます。

 

野菜であれば、ごぼう、かぶ、れんこん等の根菜類やブロッコリーなどが食物繊維を豊富に含んでいます。

 

海藻であればワカメやメカブ、モズクなどが食事に取り入れやすいですね。

 

意外とこんにゃくも食物繊維の塊のような食材なので、ダイエット効果抜群でオススメです。

page top