スロートレーニングで基礎代謝を上げよう

スロートレーニングという言葉を聞いたことはありますか?
普通の速度で行う筋トレとは異なって、一回一回の動作をゆっくりと行うトレーニングの方法になります。

 

スロートレーニングを行うことによって様々なメリットを得られます。

 

筋肉の量を増やすことによって基礎代謝量があがりますので、横になっているだけでエネルギーを消費することができるようになります。

 

ダイエットを成功させるためにはこの基礎代謝量が非常に重要となってきますので、合い間合い間にトレーニングをするようにしましょう。

 

より効果的に鍛えられる

スロートレーニングを行うと普段の筋トレでは使われない筋肉を使用することができます。
そのためより効果的に、より短期間で筋肉の成長を促すことができます。
筋肉トレーニングをしてもなかなか筋肉の量が増えない、そのような悩みを持っている人にぴったりのトレーニングの方法となります。

 

正確な動作を身につけられる

スロートレーニングでゆっくりと筋トレを行うことによって動作の一つ一つを確認しながら筋肉を鍛えることができます。
その結果、どのような動きをすれば、どの部分にどのような負荷がかかるのか、ということが体感的にわかりやすいというメリットがあります。
筋トレのデメリットの一つとして関節などを傷めてしまうという部分がありますが、正確な動作でトレーニングを行えば、関節を痛めることなく効果的な筋肉の増加を行うことができます。

 

短時間で終わる

スロートレーニングぐというくらいだから、普通の筋トレに比べて時間がかかるのではないかと、思う人も中にはいるかもしれません。

 

ですがスロートレーニング行うと一回一回の負荷がとても大きくなるので少ないセット数でも十分な効果を実感することができます。

 

通常の筋トレの半分以下の量で十分な効果を得ることができるのでとても短時間で済ませることができます。

 

スロートレーニングの方法

スロートレーニングは普段の筋トレをゆっくりとやるだけ。
ポイントは、通常も筋トレの倍の時間をかけてゆったりとした動作で行うこと。

 

ゆっくりやれば、その分楽なのでは?と思う人もとりあえず実践してみて下さい。
驚くほど筋肉に負荷がかかることがわかると思います。

 

スロートレーニングに厳密な方法は決まっていませんが、一回の動作を倍にする代わりに、行う回数を半分にするつもりで行うと十分な効果を期待することができます。