お腹の脂肪を燃焼させる呼吸方法

普段私たちは意識することなく呼吸を行っています。
この呼吸もやり方を工夫するだけでお腹の余分な脂肪を燃焼させることができるのです。

 

最近では腹式呼吸を利用したダイエット方法が広く人気を集めています。
腹式呼吸はだれでも簡単にできるということ、そしていつでもどこでもできるというメリットがあります。

 

脂肪を燃焼させるためには酸素が必要となってきます。
しかし普段の浅い呼吸では十分な酸素を補給することができていないことが分かっています。

 

この呼吸方法を改善するだけで脂肪を燃焼させるだけでなく、インナーマッスルを鍛えることもできます。

 

インナーマッスルというのは体幹部分の筋肉のことを言います。
インナーマッスルがしっかりと鍛えられていれば内臓の位置を正しいものへとセットすることができますし、基礎代謝量も非常に高くなるので「やすやすく太りにくい」ダイエットに適した体質を作ることができます。

 

また、腹式呼吸を有酸素運動に取り入れることによって脂肪燃焼効果をさらに高めることができます。
例えば、ウォーキングをするときに腹式呼吸を意識したウォーキングを行えばより一層体脂肪を燃やすことができます。

 

運動が苦手な人でも簡単に実践することができるので、まずは気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

 

脂肪燃焼呼吸法のやり方

基本的にはいわゆる腹式呼吸のやり方となります。

 

息を吸うときにお腹がつき出るようにゆっくりと大きく吸い続けます。

 

ぎりぎりいっぱいまで息を吸ったら、次はお腹をへこませながらゆっくりと息を吐いていきます。
ポイントとしては、息を完全に吐き切ってからさらにもうひと押し息を吐くことです。

 

慣れないうちは腹式呼吸がきちんとできているのか不安になるかもしれませんが、手をお腹に当てることでお腹の動きが分かりやすくなります。

 

口笛も効果的

腹式呼吸は酸素をたくさん取り入れる呼吸方法ですが、これとは別の呼吸方法で脂肪を燃焼させる方法があります。
それは口笛です。

 

口笛を吹くことによって横隔膜(呼吸に必要な筋肉)を小刻みに動かすことになります。

 

すると、インナーマッスルを強力に鍛えることができるので、脂肪燃焼効果は抜群。

 

ただし口笛は、周囲に迷惑をかける可能性がありますので、音を出さない【空口笛】がお薦めです。

 

これなら、口笛が吹けない人でも実践できますのでやってみてはいかがでしょうか。

お腹の脂肪を燃焼させる呼吸方法をご紹介関連ページ

ウォーキングで効果的に脂肪燃焼させよう!
きゅっとしたくびれは男女ともに憧れのもの。でも現実はお腹ぽっこり・・・なんて方も多いはず。このサイトはスリムな体型―特にお腹のダイエットに注目して、その方法を紹介していきます。
スロートレーニングのススメ
きゅっとしたくびれは男女ともに憧れのもの。でも現実はお腹ぽっこり・・・なんて方も多いはず。このサイトはスリムな体型―特にお腹のダイエットに注目して、その方法を紹介していきます。
脂肪燃焼には踏み台昇降運動がベスト!
きゅっとしたくびれは男女ともに憧れのもの。でも現実はお腹ぽっこり・・・なんて方も多いはず。このサイトはスリムな体型―特にお腹のダイエットに注目して、その方法を紹介していきます。