イソフラボンはダイエットの味方

大豆や大豆製品に多く含まれているイソフラボン。
このイソフラボンがお腹の脂肪を落とすのにとても効果的だということをご存知でしょうか。

 

イソフラボンと言えば、肌の調子を整えるなどの美容効果や、健康効果を発揮するイメージがありますが、あまり脂肪燃焼のイメージを持っていない人もいるのではないでしょうか。

 

イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きを持っていることで有名で、身体にとって様々な嬉しい効果を持っています。

 

イソフラボンを効果的に摂取するためのサプリメントなどがたくさん販売されているので、これらを利用しても良いですし、ダイエット用のイソフラボンサプリメントも人気を集めています。

 

イソフラボンの効果

イソフラボンには次のような効果があるとされています。

 

・ホルモンバランスを整える効果
・生理を整える効果
・癌のリスクを下げる効果
・更年期障害を軽くする効果
・コレステロールを調整する効果

 

これらの効果がどのようにダイエットに関係していくのでしょうか。

 

まず、コレステロールを調整する効果について。
イソフラボンを摂取することによって、脂質の代謝を改善することができます。
脂質の代謝が良くなる、ということは、より効率よく脂肪を燃焼させることができるので、身体に溜まった脂肪をスムーズに燃焼させてやせやすくなります。

 

その他にも、肌をキレイにしたり、髪を元気にしたりと美容に嬉しい効果もたくさんあるので、イソフラボンは積極的に摂取するようにしたいですね。

 

他にもまだある!大豆製品のダイエットパワー

大豆製品にはイソフラボンの他にも、ダイエット効果を期待できる成分が含まれています。

 

まず大豆サポニン。
大豆サポニンを摂取すると、食事から摂取した脂肪や糖質の吸収を緩やかにすることができます。

 

次に大豆ペプチド。
大豆ペプチドは脂肪の燃焼を促進させることができるため、イソフラボンと同様の効果を得ることができます。

 

そもそも大豆は植物であるため、余分な脂質を含んでおらず、ダイエットに必要不可欠なたんぱく質をたっぷりと含んでいるにも関わらず非常にローカロリー。

 

ダイエットに適した食材であると言えます。

 

しかし、なかなか大豆をたくさん摂取する、というのは難しいものですよね。
大豆そのものを食べる機会というのは余りありませんし、豆腐や納豆を毎日食べるのも簡単とはいえません。

 

そこでオススメなのが豆乳です。
できれば無調整の豆乳を選びたいところです。
調整のものは砂糖が入っていたり、塩が加えられているので飲みすぎると身体に害を与えてしまうかもしれません。
健康に飲むなら無調整のものを選ぶようにしましょう。

 

また、豆乳自体はそれなりにカロリーがあるので、適量を心がけるようにしましょう。

 

豆乳が苦手、という方はジュースで割った飲みやすいものも販売されているので、これらを選ぶのもOKです。

イソフラボンで効果的に脂肪を燃焼させよう関連ページ

野菜を食べてお腹の脂肪を落とそう!
きゅっとしたくびれは男女ともに憧れのもの。でも現実はお腹ぽっこり・・・なんて方も多いはず。このサイトはスリムな体型―特にお腹のダイエットに注目して、その方法を紹介していきます。
どうしてもおやつが食べたい!ダイエット中の間食のポイント
きゅっとしたくびれは男女ともに憧れのもの。でも現実はお腹ぽっこり・・・なんて方も多いはず。このサイトはスリムな体型―特にお腹のダイエットに注目して、その方法を紹介していきます。
お腹の脂肪を減らすためにも夜にたくさん食べるのはNG
きゅっとしたくびれは男女ともに憧れのもの。でも現実はお腹ぽっこり・・・なんて方も多いはず。このサイトはスリムな体型―特にお腹のダイエットに注目して、その方法を紹介していきます。
実は食事回数を増やすとダイエットになる!?
きゅっとしたくびれは男女ともに憧れのもの。でも現実はお腹ぽっこり・・・なんて方も多いはず。このサイトはスリムな体型―特にお腹のダイエットに注目して、その方法を紹介していきます。
血糖値コントロールで脂肪を燃焼させよう
きゅっとしたくびれは男女ともに憧れのもの。でも現実はお腹ぽっこり・・・なんて方も多いはず。このサイトはスリムな体型―特にお腹のダイエットに注目して、その方法を紹介していきます。