お腹ダイエットのポイント

ぽっこりとたるんだお腹をスリムに引き締めるためには効率よくお腹の脂肪を落とす必要があります。

 

もし仮に全体的に見てやせているように見えても、お腹だけぽっこりと出ている人もいますよね。

 

今までいろいろなダイエットを試してきたけれど、なかなかお腹の脂肪を落とすことができない、いつも失敗してしまう、ダイエットが長続きしないなどの悩みがあるのではないでしょうか。

 

ぽっこりお腹の原因はお腹にたまってしまった脂肪が原因であることが多いです。
この脂肪を落とそうと、腹筋を頑張ってみたりする人もいるかもしれません。

 

実はぽっこりお腹を解消するためには正しい知識のダイエット方法を身につけなければなかなか成功させることは難しいと言えます。

 

そこでここではお腹ダイエットを、成功させるためのポイントを紹介していきたいと思います。

 

お腹ダイエット成功のポイント

お腹ダイエットを成功させるためのポイントとして三つ挙げることができます。
これらもポイントを正しく理解することによって効率的なお腹ダイエットを成功させることができます。

 

摂取カロリーを把握する

お腹に脂肪がたまってしまう原因はカロリーを必要以上に摂取していることにあります。
ダイエットの基本として摂取カロリーを把握することはとても重要なことです。
消費カロリー以上に摂取カロリーが多ければ、消費されなかった余分なエネルギーがそのまま脂肪としてお腹にたまってしまうことになります。

 

しかし、日々の摂取カロリーを十分に把握して必要を以上の摂取カロリーをとらないように心がけることで、お腹に脂肪がつくのを抑えることができます。

 

そのためには、毎日3食きちんと食べること。
そして栄養バランスの取れた食事を心がけること。
また、GI値も意識した食事をとることができればさらに効果的なダイエットが可能となります。

 

消費カロリーを増やす

私たちは生きているだけでカロリーを消費し続けています。
例えば、体温を一定に保つことや、内臓の機能を維持するにもエネルギーが必要となります。
これらのことを基礎代謝と言います。
基礎代謝が高ければ高いほど何もしていなくても、ただ横になっているだけでもエネルギーを消費することができます。
そのため基礎代謝が高ければ、やせやすく太りにくい体質を作ることができます。

 

この基礎代謝、高めるためには筋肉が必要となります。
筋肉質な人はあまり太っている人はいませんよね。
これは筋肉がたくさんあるため基礎代謝が高いという理由があります。

 

逆にあまり運動をする習慣のない人は筋肉が衰えて基礎代謝が下がっているためやせにくく太りやすい体質であるといえます。

 

消費カロリーを増やすために、ウオーキングなどの有酸素運動を日常生活に取り入れたり、筋肉トレーニングを行って基礎代謝量を増やすことが大切となります。

 

お腹を支える筋力を鍛えるよう

お腹は胃や腸、肝臓などの臓器が詰まっています。
そのため、内臓脂肪がとてもつきやすく、すぐにたるんだお腹になってしまいます。
このたるみを引き締めるには筋肉が必要となってきます。
腹筋をしたり、インナーマッスルと呼ばれる体の中心付近に存在している姿勢と深い関係のある筋肉を鍛えることによってたるみを解消することができます。

 

基礎代謝を上げる筋肉トレーニングとは別の目的で、お腹もラインを美しく仕上げるために腹筋やインナーマッスルを鍛えていきましょう。